• tkadvisory

事業承継って?


ここ数年、事業承継という単語がいろいろなメディアで取り上げられています。

事業承継に失敗して、会社が倒産してしまったなんてことも珍しくありません。

事業承継とは、会社を次世代へ引き継いでいくことをいいます。

税理士は、会社のパートナーとしての立場からその事業の承継をお手伝いするわけです。

会社の承継には、

①社長としての会社経営権の承継

②株主としての会社所有権の承継

の2つの要素が大切になってきます。

とくに②の承継は、方法を間違えると大変な税金が経営者・後継者・ほかの株主にかかってくる可能性があります。

会社の所有権のことを株式といいます。

この所有権を無償で後継者に渡してしまう(贈与してしまう)と、受け取った後継者に贈与税がかかります。

それも税率は評価額に応じて10%から最大55%の税率です。

では、無償以外で移動したらどうなるでしょう。

例えば時価で後継者に売却した場合には、売却した先代に所得税がかかります。

こちらは、一律20.315%(所得税+住民税)の税率となっています。

一見すると、税率が低い売却のほうが有利と思えますが、デメリットとして売却資金が必要になります。

贈与なら資金の用意は税金の部分だけで済むわけですね。

また、将来の相続を考えると売却すると売却資金は先代の手元に残るので、将来の相続財産を構成することになります。

そうすると、売却に係る所得税+相続税の負担になる可能性があるわけですね。

贈与の場合でも、相続が起きる3年前までに贈与された財産は、相続財産に含めて相続税を計算することになっています。

裏を返せば、贈与してから3年を超えれば相続財産に含まれませんので、贈与税の負担だけで済むことになります。

移動するタイミングが事業承継のとても重要なポイントの一つであるというわけですね。

事業承継にお悩みの方、こうはら会計事務所へのご連絡お待ちしております!

初回ご面談は、無料で実施中です!

#事業承継

34回の閲覧

最新記事

すべて表示

相続した株式

相続財産のほとんどを同族会社の株式が占めている場合、高額な相続税を払う現金等が不足する場合があります。その場合に、相続した株式を同族会社に買い取ってもらい、相続税の納税資金をねん出することがよくあります。 非上場会社にその会社が発行した株式を譲渡した場合には、通常の株式の譲渡とは異なる例外的な取り扱いが行われます。 このような場合には、その譲渡した金額のうち、その会社の資本金等の額を超える部分の金

給与にならない使用人への支払い

報奨金や表彰金などは通常、給与所得として源泉徴収の対象となりますが、次のようなものは給与以外の所得として扱われるので、注意が必要です。場合によっては、従業員の方が確定申告をする必要が出てきますので、従業員にあらかじめアナウンスする必要が出てきます。 1)発明等に係る特許を受ける権利や特許権の承継に対して支給する場合 業務上有益な発明、考案又は創作をした人に対して、その発明、考案又は創作に係る特許、

所得税のかからない金銭の貸付

役員又は使用人に低い利息で金銭を貸し付けた場合、その利率が貸付けを行った日の属する年の特例基準割合による利率以下の場合、原則として、特例基準割合による利率による利息と実際の利息との差額が給与として課税されます。 ただし、会社などが銀行などから借り入れた資金を基に貸し付けを行っている場合には、その借入利率を基準として計算します。 また、低い利息で行った場合でも、次の①から③のいずれかに該当する場合に

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon