• tkadvisory

ふるさと納税の偽物にご注意!


年末も近づき、駆け込みでふるさと納税をされる方も多いと思います。

色々な自治体が様々な返礼品を用意していて、どこに寄付をしようか悩まれる方も多いかと思います。

そんなお悩みを解決するために、様々な自治体の返礼品を比較して、

そのまま直接各自治体へ寄付することができる便利なサービスをいくつかの企業が提供しています。

(結果的にどのふるさと納税サイトを使うかも悩みの種になってしまっていますが。。。)

ところが、そのようなサイトの中には、あたかもふるさと納税が出来るとうたっているにも関わらず、

いざ現金を振り込んでも、返礼品が届かない、寄付もされていない、といった

偽物のふるさと納税サイトが出てきているそうです。

偽物とはいえ、記載されている内容等は本物のふるさと納税サイトから無断で

転載等をしているようで、見た目は本物と見分けがつきにくいものまであるそうです。

偽物のふるさと納税サイトの特徴としては、

・寄付先の自治体の住所や連絡先が記載されていない。

・寄付の金額に値引、割引の記載がある

といった特徴があるそうです。

ふるさと納税はあくまで、自治体への寄付の制度なので、値引はありえません

美味い話には裏があるということですね。

ふるさと納税をするときは、そのサイトが信用できるサイトなのか、しっかり確認しましょう。

#所得税

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

贈与税がかからない場合

贈与税は、原則として贈与を受けたすべての財産に対してかかります。 ですが、例えば以下のような場合には、財産の性質や贈与の目的などからみて、贈与税がかからないことになっています。 ①法人からの贈与により取得した財産 贈与税はあくまで個人から財産を贈与により取得した場合に課税することを目的とした税金のためです。 ただし、この場合は贈与税ではなく所得税がかかります。 ②夫婦や親子などの扶養義務者から生活

贈与税って?

贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。 また、次のような場合には贈与を受けたとみなされて贈与税がかかります。 ①債務の免除などにより利益を受けた場合 ②自分が保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合 ただし、死亡した人が自分を被保険者として保険料を負担していた生命保険金を受け取った場合は、贈与税でなく相続税の対象となります。 贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算

過去の所得税等が戻ってくる?

確定申告をする必要のない人でも、医療費控除等で還付を受けられるときは、確定申告をして納めすぎている所得税等の還付を受けることができます。 この申告を還付申告といいます。 還付を受けられるのに確定申告をし忘れていても、その年の翌年1月1日から5年間までは確定申告書を提出して還付を受けることができます。 例:平成25年分の還付申告⇒26年1月1日から平成30年12月31日までは還付を受けることが可能

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon