• tkadvisory

帳簿の保存期間など


会社は、帳簿を作成し、それに関連する書類(領収書など)とあわせて、その事業年度の確定申告書の提出期限の翌日から、9年間保存しなければなりません。(平成30年4月1日以後は10年間)

帳簿には、総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳などがあります。

また、書類には、棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書、領収書などがあります。

帳簿書類の保存方法は、出力したうえで紙による保存が原則となります。

例外として、事前に所轄税務署長に申請をし承認を受けることにより、

①電磁的記録により作成する帳簿で一定の要件を満たすものは、紙ではなく、サーバ・DVD・CD等に記録した電磁的記録(電子データ)のままで保存することができる。

②保存すべき書類のうち、一定の書類については、紙による保存によらず、スキャナ読取りの電磁的記録による保存を行うことができる。

といった取り扱いを受けることが可能です。

この申請書は、電子的記録による備付けを開始する日の3か月前の日までに提出する必要があります。

会社も規模が大きくなってくると、帳簿の量も増え、収納スペースに悩まされることもあります。

会社の規模に合わせて適切な帳簿書類の保存方法を検討する必要があるようです。

#帳簿

13回の閲覧

最新記事

すべて表示

役員に対する経済的利益の例外

役員に対する経済的利益は、税法上では役員に対する給与となります。 ただし、経済的利益であっても毎月おおむね一定の額であれば、定期同額給与に該当し、税金計算上の費用とされます。 一定である必要があるので、毎月変動してしまう経済的な利益に相当する金額はもちろん税金計算上の費用とはされません。 さらに、役員に対する経済的利益の額(使用人兼務役員に対する使用人部分を除きます。)が不相当に高額である場合や法

金銭以外も役員に対する給与になる!

法人が役員に支給する給与には、金銭によるもののほか、経済的な利益も含まれてしまいますので注意が必要です。 この経済的な利益とは、例えば次のような実質的にその役員に対して給与を支給したと同様の経済的効果をもたらすものをいいます。 1、資産を贈与した場合・・・贈与した資産の時価 2、資産を時価より低額で譲渡した場合・・・時価と譲渡価額との差額 3、債権を放棄し又は免除した場合・・・債権の放棄額等 4、

役員の範囲(税法上の考え方)

ある人が従業員に該当するのか、役員に該当するのかによって税法上の取り扱いは大きく変わります。 例えば、従業員であればお給料は給与改定をすればある程度自由に決定できますが、 役員に該当してしまうと、役員報酬として金額の改定に制限がかかってしまいます。 簡単には報酬額を変更できなくなってしまう訳です。 ですので、役員の判定基準をしっかり把握しておく必要がある訳です。 税法上では、次の範囲の方が役員にな

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon