• tkadvisory

株式を売った時の税金


株式等の譲渡所得は、「上場株式等に係る譲渡所得等の金額」と「一般株式等に係る譲渡所得等の金額」に区分して、他の所得の金額と区分して税金を計算します。

これを「申告分離課税」といいます。

「上場株式等に係る譲渡所得等の金額」と「一般株式等に係る譲渡所得等の金額」は、それぞれ別々の申告分離課税とされているため、上場株式等の譲渡所得と一般株式等の譲渡損失を相殺することはできません。逆も同様です。

上場株式等とは、上場されている株式や公募投資信託の受益権等をいいます。

一般株式等とは、上場株式等以外の株式等をいいます。

それぞれの株式等に係る譲渡所得等の金額の計算方法は以下の通りです。

 総収入金額(譲渡価額)-必要経費(取得費+委託手数料等)=株式等に係る譲渡所得等

同一銘柄の株式等を2回以上にわたって購入し、その株式等の一部を譲渡した場合には、譲渡時に手元にある株式等の取得費用総額を株数で割った金額が一株当たりの取得費になります。

それぞれの譲渡所得等に以下の税率をかけて税額を計算します。

上場株式等に係る譲渡所得等(譲渡益) 20.315%(所得税等15.315%、住民税5%)

一般株式等に係る譲渡所得等(譲渡益) 20.315%(所得税等15.315%、住民税5%)

#所得税

0回の閲覧

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon