• tkadvisory

所得税のかからない社員旅行


従業員間のコミュニケーションを円滑する等を目的に会社負担で社員旅行等を行うケースがあります。

レクリエーション旅行や研修旅行を行った場合、使用者が負担した費用が参加した人の給与として課税されるかどうかは、その旅行の条件を総合的に勘案して判定します。

1) 従業員レクリエーション旅行について

従業員レクリエーション旅行の場合は、その旅行によって従業員に供与する経済的利益の額が少額の現物給与は強いて課税しないという少額不追及の趣旨を逸脱しないものであると認められ、かつ、その旅行が次のいずれの要件も満たすものであるときは、原則として、その旅行の費用を旅行に参加した人の給与としなくてもよいことになっています。

①旅行の期間が4泊5日以内である。(海外旅行の場合には、外国での滞在日数が4泊5日以内である。)

②旅行に参加した人数が全体の人数の50%以上である。(工場や支店ごとに行う旅行は、それぞれの職場ごとの人数の50%以上が参加することが必要)

ただし、上記いずれの要件も満たしている旅行であっても、自己の都合で旅行に参加しなかった人に金銭を支給する場合には、参加者と不参加者の全員にその不参加者に対して支給する金銭の額に相当する額の給与の支給があったものとされます。

また、次のようなものについては、ここにいう従業員レクリエーション旅行には該当しないため、その旅行に係る費用は給与、交際費などとして適切に処理する必要があります。

(1) 役員だけで行う旅行

(2) 取引先に対する接待、供応、慰安等のための旅行

(3) 実質的に私的旅行と認められる旅行

(4) 金銭との選択が可能な旅行

2) 研修旅行について

研修旅行が会社の業務を行うために直接必要な場合には、その費用は給与として課税されません。

しかし、直接必要でない場合には、研修旅行の費用が給与として課税されます。

また、研修旅行の費用に会社の業務を行うために直接必要な部分と直接必要でない部分がある場合には、直接必要でない部分の費用は、参加する人の給与として課税されます。

例えば、次のような研修旅行は、原則として、会社の業務を行うために直接必要なものとはなりません。

①同業者団体の主催する、主に観光旅行を目的とした団体旅行

②旅行のあっせん業者などが主催する団体旅行

③観光渡航の許可をもらい海外で行う研修旅行

#所得税

23回の閲覧

最新記事

すべて表示

相続した株式

相続財産のほとんどを同族会社の株式が占めている場合、高額な相続税を払う現金等が不足する場合があります。その場合に、相続した株式を同族会社に買い取ってもらい、相続税の納税資金をねん出することがよくあります。 非上場会社にその会社が発行した株式を譲渡した場合には、通常の株式の譲渡とは異なる例外的な取り扱いが行われます。 このような場合には、その譲渡した金額のうち、その会社の資本金等の額を超える部分の金

給与にならない使用人への支払い

報奨金や表彰金などは通常、給与所得として源泉徴収の対象となりますが、次のようなものは給与以外の所得として扱われるので、注意が必要です。場合によっては、従業員の方が確定申告をする必要が出てきますので、従業員にあらかじめアナウンスする必要が出てきます。 1)発明等に係る特許を受ける権利や特許権の承継に対して支給する場合 業務上有益な発明、考案又は創作をした人に対して、その発明、考案又は創作に係る特許、

所得税のかからない金銭の貸付

役員又は使用人に低い利息で金銭を貸し付けた場合、その利率が貸付けを行った日の属する年の特例基準割合による利率以下の場合、原則として、特例基準割合による利率による利息と実際の利息との差額が給与として課税されます。 ただし、会社などが銀行などから借り入れた資金を基に貸し付けを行っている場合には、その借入利率を基準として計算します。 また、低い利息で行った場合でも、次の①から③のいずれかに該当する場合に

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon