• tkadvisory

金銭以外も役員に対する給与になる!


法人が役員に支給する給与には、金銭によるもののほか、経済的な利益も含まれてしまいますので注意が必要です。

この経済的な利益とは、例えば次のような実質的にその役員に対して給与を支給したと同様の経済的効果をもたらすものをいいます。

1、資産を贈与した場合・・・贈与した資産の時価

2、資産を時価より低額で譲渡した場合・・・時価と譲渡価額との差額

3、債権を放棄し又は免除した場合・・・債権の放棄額等

4、無償又は低額で居住用土地又は家屋の提供をした場合・・・通常の賃貸料と実際の賃貸料の額との差額

5、無利息又は低率で金銭の貸付けをした場合・・・通常の利息と実際の利息との差額

6、役員等を被保険者及び保険金受取人とする生命保険契約の保険料の全部又は一部を負担した場合・・・保険料の負担額

これらは、一部の例示ですが、このほかにも経済的な利益と判定された場合には、役員に対する給与となります。

ただし、経済的な利益だったとしても、それが所得税法では経済的な利益として課税しないと規定されていて、かつ、法人が役員に対する給与として経理しなかったときは、給与として扱われません。

#役員

29回の閲覧

最新記事

すべて表示

役員に対する経済的利益の例外

役員に対する経済的利益は、税法上では役員に対する給与となります。 ただし、経済的利益であっても毎月おおむね一定の額であれば、定期同額給与に該当し、税金計算上の費用とされます。 一定である必要があるので、毎月変動してしまう経済的な利益に相当する金額はもちろん税金計算上の費用とはされません。 さらに、役員に対する経済的利益の額(使用人兼務役員に対する使用人部分を除きます。)が不相当に高額である場合や法

役員の範囲(税法上の考え方)

ある人が従業員に該当するのか、役員に該当するのかによって税法上の取り扱いは大きく変わります。 例えば、従業員であればお給料は給与改定をすればある程度自由に決定できますが、 役員に該当してしまうと、役員報酬として金額の改定に制限がかかってしまいます。 簡単には報酬額を変更できなくなってしまう訳です。 ですので、役員の判定基準をしっかり把握しておく必要がある訳です。 税法上では、次の範囲の方が役員にな

法人を設立した時の届け出

法人を設立した場合、次の①、②の届出書を納税地の所轄税務署長に提出をしなければなりません。また、必要に応じて③以降の届出書を納税地の所轄税務署長に提出する必要があります。 ①法人設立届出書 国内に本店又は主たる事務所を有する普通法人等を設立した場合は、設立登記の日以後2か月以内に提出しなければなりません。 この法人設立届出書には、次の書類を添付します。 イ 定款、寄附行為、規則又は規約等の写し ロ

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon