• tkadvisory

配偶者は相続税が有利になる


配偶者とは、法律上の夫・妻のことをいいます。相続税法では、誰かが亡くなったときにその人の配偶者が相続すると、相続税の負担が少なくなるようにしてくれます。

これは相続発生後の配偶者の生活を保障する等を目的としています。

具体的には、亡くなった人の配偶者が実際に取得した正味の相続財産のうち、次の金額のどちらか多い金額までは配偶者に相続税はかからないようになっています。

A:1億6千万円

B:配偶者の法定相続分相当額(最低でも相続財産の1/2)

つまり、最低でも正味の相続財産の半分までは、配偶者が相続しても相続税はかからないということになります。この制度を配偶者の税額軽減と呼びます。

ただし、この制度は相続財産を誰がどのように譲り受けるか相続人間で決まっていないと受けることができません。

相続財産を誰がどのように譲り受けるか相続人間で決めることを遺産分割といいます。この遺産分割が相続税の申告期限までに終わっていないと、配偶者の税額軽減を受けることができず、相続税がまるまるかかってきてしまいます。

しかし、現実には相続人間で争いになり遺産分割が進まない事態が多々起きています。その場合の救済措置として、申告期限後3年以内に遺産分割が終わる見込みであれば、相続税の当初の申告時には、税額軽減を受けることはできませんが、申告書に「申告期限後3年以内の分割見込書」を添付して、申告期限から3年以内に分割したとき等は、分割が終了した日の翌日から4か月以内に「更正の請求」という手続きを行うことにより、配偶者の税額軽減を受けることができることになっています。

とはいえ、長期間親族と遺産分割で争い続けるのはかなり負担が大きいものです。

ですので、遺産分割はなるべくスムーズに進むことが理想といえます。

そのためには、生前からの相続対策として遺言書の作成や生前贈与等の検討がとても有効です。

配偶者の税額軽減を受ける場合には、税額軽減の明細を記載した相続税の申告書等に戸籍謄本と遺言書の写しや遺産分割協議書の写しなどの配偶者の取得した財産が分かる書類を添えて提出します。遺産分割協議書の写しには印鑑証明書も添付する必要があります。

#相続 #事業承継

26回の閲覧

最新記事

すべて表示

ふるさと納税の偽物にご注意!

年末も近づき、駆け込みでふるさと納税をされる方も多いと思います。 色々な自治体が様々な返礼品を用意していて、どこに寄付をしようか悩まれる方も多いかと思います。 そんなお悩みを解決するために、様々な自治体の返礼品を比較して、 そのまま直接各自治体へ寄付することができる便利なサービスをいくつかの企業が提供しています。 (結果的にどのふるさと納税サイトを使うかも悩みの種になってしまっていますが。。。)

贈与税がかからない場合

贈与税は、原則として贈与を受けたすべての財産に対してかかります。 ですが、例えば以下のような場合には、財産の性質や贈与の目的などからみて、贈与税がかからないことになっています。 ①法人からの贈与により取得した財産 贈与税はあくまで個人から財産を贈与により取得した場合に課税することを目的とした税金のためです。 ただし、この場合は贈与税ではなく所得税がかかります。 ②夫婦や親子などの扶養義務者から生活

贈与税って?

贈与税は、個人から財産をもらったときにかかる税金です。 また、次のような場合には贈与を受けたとみなされて贈与税がかかります。 ①債務の免除などにより利益を受けた場合 ②自分が保険料を負担していない生命保険金を受け取った場合 ただし、死亡した人が自分を被保険者として保険料を負担していた生命保険金を受け取った場合は、贈与税でなく相続税の対象となります。 贈与税の課税方法には、「暦年課税」と「相続時精算

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon