相続した債務(借入金など)


相続税を計算するときは、相続した財産から亡くなった人が残した借入金などの債務を差し引くことができます。

差し引くことができる債務は、亡くなったときにあった確実な債務のみです。

これには亡くなった人に課される税金で死亡後相続人などが納付又は徴収されることになった所得税などの税金については死亡したときに確定していないものも含まれ、債務として遺産総額から差し引くことができます。

ただし、相続した人などの責任に基づいて納付したり、徴収されることになった延滞税や加算税などは相続した人の固有の税金ですので当然、差し引くことはできません。

他には、債務ではありませんが、次のような葬式費用も差し引くことができます。

・火葬や埋葬、納骨をするためにかかった費用(仮葬式と本葬式の両方が認められます。)

・遺体や遺骨の回送にかかった費用

・葬式の前後に生じた費用で通常葬式にかかせない費用(初七日や法事などのためにかかった費用は含まれません)

・葬式に当たりお寺などに対して読経料などのお礼をした費用

・死体の捜索又は死体や遺骨の運搬にかかった費用

葬式費用と誤解されやすいものに香典返しがあります。香典返しにかかった費用は葬式費用には残念ながら入りません。香典自体が税金がかからないため、香典返しにかかった費用も考慮しないとなっているためです。

また、債務でありながら遺産総額から差し引くことができない債務も存在します。

例えば、被相続人が生前に購入したお墓の未払代金など元々、相続税の対象にならない財産に関する債務は、遺産総額から差し引くことはできません。財産に課税しないから、債務も引いてはいけないよということですね。

#相続

0回の閲覧

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon