• tkadvisory

交際費じゃない費用


交際費等に該当すると一定の金額以外のものは、税金の計算上、費用として認められていません。

ですので、支出した費用が交際費になるかどうか、しっかり把握しておくことがとても大切です

例えば次に掲げる費用は交際費等から除かれます。

①「専ら従業員の慰安のために行われる運動会、演芸会、旅行等のために通常要する費用」

従業員も事業に関係する者ですが、これらの費用は従業員の就業意欲を高めるなどを目的とした福利厚生の一環と考えられるため、交際費等から除かれます。ただし、福利厚生となるには、全従業員に一律均等な機会が与えられる必要がありますので、特定の役員だけが参加するものや、参加しない従業員には代わりに金銭を支給する場合には、交際費等に該当することになります。

②「飲食費用(専らその法人の役員や従業員、これらの親族に対するものを除く。)で、その金額を飲食等に参加した者の数で割って計算した金額が5,000円以下である費用」

本来交際費等に該当する飲食費用ですが、すべての飲食費を交際費等としてしまうと、法人の営業活動を抑制してしまうため、少額な飲食接待については、交際費等から除くことにしています。

なお、この規定は次の事項を記載した書類を保存しなければ適用できません。

イ 飲食等の年月日

ロ 飲食等に参加した得意先、仕入先その他事業に関係のある者等の氏名又は名称及びその関係

ハ 飲食等に参加した者の数(社内、社外両方)

ニ その費用の金額並びに飲食店等の名称及び所在地

ホ その他参考となるべき事項

ただし、これらは社外のものとの飲食費用に適用される取り扱いですので、社内の特定の人間だけで行われる飲食等については、5,000円以下かどうか関係なく交際費等と判断されますので、ご注意ください。

③その他の費用

イ「カレンダー、手帳、扇子、うちわ、手ぬぐいその他これらに類する物品を贈与するために通常要する費用」

ロ「会議に関連して、茶菓、弁当その他これらに類する飲食物を供与するために通常要する費用」

ハ「新聞、雑誌等の出版物又は放送番組を編集するために行われる座談会その他記事の収集のために、又は放送のための取材に通常要する費用」

これらは、広告宣伝や、会議等に要する費用ですので、交際費等から除かれます。しかし、あまりに高額なものなどは交際費等に認定される可能性もあるので、注意が必要です。

#交際費

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

役員に対する経済的利益の例外

役員に対する経済的利益は、税法上では役員に対する給与となります。 ただし、経済的利益であっても毎月おおむね一定の額であれば、定期同額給与に該当し、税金計算上の費用とされます。 一定である必要があるので、毎月変動してしまう経済的な利益に相当する金額はもちろん税金計算上の費用とはされません。 さらに、役員に対する経済的利益の額(使用人兼務役員に対する使用人部分を除きます。)が不相当に高額である場合や法

金銭以外も役員に対する給与になる!

法人が役員に支給する給与には、金銭によるもののほか、経済的な利益も含まれてしまいますので注意が必要です。 この経済的な利益とは、例えば次のような実質的にその役員に対して給与を支給したと同様の経済的効果をもたらすものをいいます。 1、資産を贈与した場合・・・贈与した資産の時価 2、資産を時価より低額で譲渡した場合・・・時価と譲渡価額との差額 3、債権を放棄し又は免除した場合・・・債権の放棄額等 4、

役員の範囲(税法上の考え方)

ある人が従業員に該当するのか、役員に該当するのかによって税法上の取り扱いは大きく変わります。 例えば、従業員であればお給料は給与改定をすればある程度自由に決定できますが、 役員に該当してしまうと、役員報酬として金額の改定に制限がかかってしまいます。 簡単には報酬額を変更できなくなってしまう訳です。 ですので、役員の判定基準をしっかり把握しておく必要がある訳です。 税法上では、次の範囲の方が役員にな

東京都の税理士・公認会計士 甲原 孝英

TEL:03-6320-6335 mail:t.kouhara@tk-tax-accountant.com

  • Facebook Social Icon